相談した方が良い場合

自分が交通事故被害者になってしまったとき、弁護士に相談したほうが良いかどうかを判断するには、何を基準にしたら良いのでしょうか。

交通事故で被害に遭った人が死亡してしまった場合はもちろん、事故の過失が0%の人、加害者側が弁護士を付けている場合は弁護士に相談しましょう。

慰謝料を請求する場合、個人で交渉した場合、知識の浅さから正当な金額を受け取れないなどの不利な状況になりやすいのが、後遺症に関する問題です。後遺障害等級が12級以上と認定された人や、認定された後遺障害等級に疑問を持っている人も、弁護士に相談することをおすすめします。

自動車の任意保険などに弁護士費用特約を付けている場合なども、弁護士費用の心配が要らないので、慰謝料など事故に関する問題を弁護士に相談すると良いでしょう。

相手の保険会社から提示されている慰謝料の額が十分なのか不十分なのかの判断がつきにくいという場合も弁護士に相談することで、慰謝料を増額できる可能性があります。弁護士費用の負担に不安があり、弁護士に相談しようか迷っている場合は、行政の行っている弁護士無料相談会などで相談してみても良いでしょう。弁護士の無料相談会は、各自治体によって、頻度や内容、相談できる時間などが異なるので、住所地のある役所に問い合わせてみましょう。