慰謝料相談のメリット

交通事故の被害に遭った場合、弁護士費用の兼ね合いで、弁護士に相談すべきかどうか迷うというのは当然の話です。そういう場合は、弁護士に相談することで得られるメリットと、弁護士に相談することで発生する費用的なデメリットとのバランスを考えてみましょう。

交通事故で、外傷以外に精神的なショックを受けたり、事故後に後遺症などをもたらすことに対して精神的苦痛を受けたりした場合、加害者へは慰謝料を請求するのが一般的です。慰謝料は、そういった人の内面に受ける苦痛に対して発生するものなので、他人からは判断が付きにくく、かつ数値として表すのが非常に難しいものです。したがって、慰謝料の交渉も非常に難しいものになります。また慰謝料の算出式も、3パターンあり複雑です。

一方で、弁護士に交通事故で受けた被害を相談すると弁護士費用がかかります。弁護士費用と聞くと、高額なイメージがあるため、支払いできるかどうか不安になる人も多いものです。弁護士費用の中で一番ウェイトを占めるのが、報酬金です。報酬金は成功報酬なので、賠償金の中から先取りで弁護士の手元に入るので、交通事故の被害者になってしまったときは、費用の心配はさほどないとも言い替えることができるでしょう。