交通事故に強い弁護士

弁護士に仕事を依頼するときは、弁護士としての経歴が長ければ誰でも良いというわけではありません。弁護士は、離婚問題に強い弁護士、相続問題に強い弁護士、借金返済問題に強い弁護士などそれぞれ自分が得意とする分野があります。交通事故被害の慰謝料請求に関する内容は、やはり交通事故問題を得意とする弁護士に相談したいものです。

交通事故に強い弁護士を探すには、いくつかの方法があります。まずは、弁護士が開設しているホームページで過去に扱った案件内容をチェックしてみましょう。慰謝料請求で相談した場合、裁判が必要となる場合もあるので、できれば訴訟経験もある弁護士を探すようにしましょう。口コミなどで、交通事故に強い弁護士を探すという方法もあります。知り合いのつてなども使用すると良いでしょう。

弁護士に正式に仕事として依頼する前に、弁護士に内容を相談しにいくことをおすすめします。その時に、専門用語や実際の慰謝料請求関連について、詳しくわかりやすく説明してくれる弁護士を探しましょう。専門用語を解説してくれないような弁護士では、コミュニケーションが取りづらく、特に慰謝料という内面に関わる問題の際には嫌な思いをする可能性も考えられるので避けたいところです。問題を解決するのは二人三脚です。交通事故被害案件の解決実績が多く、自分とも相性の良さそうな弁護士を選びましょう。

推奨リンク⇒交通事故被害相談【弁護士法人アディーレ法律事務所】

相談した方が良い場合

自分が交通事故被害者になってしまったとき、弁護士に相談したほうが良いかどうかを判断するには、何を基準にしたら良いのでしょうか。

交通事故で被害に遭った人が死亡してしまった場合はもちろん、事故の過失が0%の人、加害者側が弁護士を付けている場合は弁護士に相談しましょう。

慰謝料を請求する場合、個人で交渉した場合、知識の浅さから正当な金額を受け取れないなどの不利な状況になりやすいのが、後遺症に関する問題です。後遺障害等級が12級以上と認定された人や、認定された後遺障害等級に疑問を持っている人も、弁護士に相談することをおすすめします。

自動車の任意保険などに弁護士費用特約を付けている場合なども、弁護士費用の心配が要らないので、慰謝料など事故に関する問題を弁護士に相談すると良いでしょう。

相手の保険会社から提示されている慰謝料の額が十分なのか不十分なのかの判断がつきにくいという場合も弁護士に相談することで、慰謝料を増額できる可能性があります。弁護士費用の負担に不安があり、弁護士に相談しようか迷っている場合は、行政の行っている弁護士無料相談会などで相談してみても良いでしょう。弁護士の無料相談会は、各自治体によって、頻度や内容、相談できる時間などが異なるので、住所地のある役所に問い合わせてみましょう。

慰謝料相談のメリット

交通事故の被害に遭った場合、弁護士費用の兼ね合いで、弁護士に相談すべきかどうか迷うというのは当然の話です。そういう場合は、弁護士に相談することで得られるメリットと、弁護士に相談することで発生する費用的なデメリットとのバランスを考えてみましょう。

交通事故で、外傷以外に精神的なショックを受けたり、事故後に後遺症などをもたらすことに対して精神的苦痛を受けたりした場合、加害者へは慰謝料を請求するのが一般的です。慰謝料は、そういった人の内面に受ける苦痛に対して発生するものなので、他人からは判断が付きにくく、かつ数値として表すのが非常に難しいものです。したがって、慰謝料の交渉も非常に難しいものになります。また慰謝料の算出式も、3パターンあり複雑です。

一方で、弁護士に交通事故で受けた被害を相談すると弁護士費用がかかります。弁護士費用と聞くと、高額なイメージがあるため、支払いできるかどうか不安になる人も多いものです。弁護士費用の中で一番ウェイトを占めるのが、報酬金です。報酬金は成功報酬なので、賠償金の中から先取りで弁護士の手元に入るので、交通事故の被害者になってしまったときは、費用の心配はさほどないとも言い替えることができるでしょう。

交通事故の慰謝料とは

ある日突然、交通事故は起こります。何も変わらない毎日を過ごしていると思っていても、誰でもいつでも交通事故の被害者になってしまう可能性があります。そんな「万が一」のとき、どのように対処したら良いか、知っていますか?交通事故は、ケガなど目に見える被害だけでなく、精神的苦痛を伴うケースがほとんどです。交通事故被害者になってしまった場合、1人でも力になってくれる人がいたら、どんなに心強いでしょうか。頼りになるのは弁護士です。

交通事故での保険会社とのやり取りでは、示談話や賠償金など、さまざまな専門用語が出てきます。知識が浅い人であれば、相手の保険会社の思惑通りに返事をしてしまい、正当な賠償金や慰謝料を請求できないまま、被害者でありながら泣き寝入りせざるを得なくなることもあります。そのような状態では、最悪の場合、交通事故がきっかけで事故前の生活とは一変した不安定な生活になる可能性もあります。保険会社との交渉事は、専門知識を持った弁護士に依頼すると安心です。

交通事故の事故後の処理として、被害者としてやはり気になるところは、支払われる慰謝料の問題ではないでしょうか。交通事故によって負った精神的苦痛は数値に表すのが不可能であるため、その算出も非常に難しくなります。自分の事故が弁護士に相談するメリットがあるのか知りたいという人は多いものです。弁護士に慰謝料相談をするべき人とはどのような事故の場合なのでしょうか。チェックしてみましょう。